美顔器 たるみ 効果

顔のたるみに効果が期待できる美顔器TOP3!【保存版】

 

 

30代を超えるとスキンケア用品をアンチエイジングができるラインにしようと思う人は多いです。

 

20代までの肌悩みは、乾燥・毛穴ケア・ニキビなどが主要ですが、30代以降は、シワ・シミ・たるみなどのエイジングサインに関連するものへと変わっていきます。これは加齢に伴い、肌の水分・油分量が減少して肌バリア機能が落ちることによって引き起こされています。

 

同じく肌悩みにとして「たるみ」も頻繁に挙げられます。しかしたるみは単なる肌トラブルではありません。

 

 

たるみとシワの違い

 

たるみとシワはセットとなって語られることがありますが、この二つは違います。

 

シワとは、皮膚に入った線のことで、乾燥とターンオーバーの乱れによって起こります。表皮にできただけの薄いシワであれば、美容液やクリームなどでリカバリーすることができます。

 

一方、たるみとは、ハリを失った皮膚が垂れ下がってしまった状態を言います。ほうれい線や目の下にできるゴルゴ線はたるみにあたるので、保湿クリームを塗っても改善しません。

 

 

たるみとは何?

 

たるみには種類が4つあります。

 

真皮たるみ

 

真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが、加齢・紫外線によって減少することで弾力がなくなり、しぼんでしまうことによって起こります。シワと混合されるのは、両方ともコラーゲンが関係しているからだと思います。スキンケア用品が改善しようとしているたるみに当たります。

 

 

むくみたるみ

 

顔の血行が悪くなることで老廃物が滞ることで起こります。朝と夕方とではフェイスラインが変容している、夜になるとほうれい線が深くなるという人は、むくみたるみの可能性があります。血流を良くすることで、改善しやすいたるみです。

 

筋肉たるみ

 

顔の筋肉の衰えによって起こります。筋肉が衰えると、縮む力が弱くなるので、伸びきったままになり、たるみにつながります。猫背などの姿勢が悪い場合、無表情、片頬をつくなどでも起こります。マッサージや顔のエクササイズなどで改善を目指します。

 

 

靭帯たるみ

 

脂肪の重みで繊維組織が伸びることが原因で起こります。痩せたら、すっきりとはしますが、一旦伸びてしまうと、100%元通りということはなりません。若くても肥満体型の人の口角が下がっているのは、靭帯たるみが原因です。

 

 

顔のたるみに美顔器は効果的なの?

 

 

 

4つの原因を挙げましたが、連動し合っていますので、どれかを改善することで、補うことができます。

 

たるみに効果があるという美顔器の多くは、筋肉を鍛えることで、肌にハリをよみがえらせるようという考えに基づいて作られています。美顔器はたくさんの種類があり、効果も形状も異なります。

 

人気があるからとか、有名メーカーのものだからというだけで買ってしまうと、欲しい効果が得られません。たるみを改善したい場合は、たるみに効果的な美顔器を選ばないとなりません。なお、たるみ改善が期待できる機能は以下の通りです。

 

1. EMS

 

ダイエット器具で一躍有名になりました。電気刺激を直接筋肉に与えることで、運動せずに筋肉を動かし、強化することができます。ピリピリとした刺激を感じます。顔の筋肉を鍛えることで、顔を引き締め、リフトアップします。小顔効果もあります。

 

 

2. ローラー

 

ローラーが顔の肉をつかみ、下から上へと持ちあげることで、筋肉に刺激を与えることで、肌を引き締めます。筋肉に刺激を与えることは、EMSと同じですが、EMSは運動、ローラーはマッサージのイメージです。血流を良くするので、むくみにも効果的です。

 

 

3. RF(高周波)

 

分子を振動させることで、肌を温める効果があります。水分よりもコラーゲンや脂肪に働きかけるので、ヤケドのおそれがありません。血流が良くなるので、代謝促進、むくみ減退、小顔効果が期待できます。さらに、RFにはコラーゲン線維の生成を促進する働きが認められています。

 

 

4. 超音波

 

1秒間に何万回という細かい振動がマッサージ効果となるので、新陳代謝が活性化されます。美容成分を浸透しやすい肌にするので、ジェルや美容液と併用することが望ましいです。

 

 

5. 赤色LED

 

線維細胞を活性化させるので、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を促進することが期待できます。

 

 

顔のたるみに効果が期待できる美顔器TOP3!

 

ララルーチュ レジーナ

 

 

 

使用後にモチモチの肌になれる!と口コミ人気も高い、美肌になるための機能を兼ねそろえた美顔器です。

 

1時間で1000本以上の受注があったほど、注目を集めています。たるみに効果的なEMS、赤色LED、RF、コアパルスが搭載されています。エステでもこんな複合機器を置いていないとメーカーさんが言うほど、エイジングケアを中心とした美肌になれる機能が詰め込まれています。

 

EMSも筋肉への刺激はしっかりと与えるけれど、肌への負担はかけず、トリートメント時間は短時間で済むように改良されています。あえて充電式でないのは、電気の安定供給のためです。顔の細かいパーツにまで行き届くように小回りの効いたサイズで、カバンに入れて持ち歩けるほどコンパクトです。首や肩のマッサージもできるようになっています。

 

 

エステナードLIFTY

 

 

 

顔にハリをもたらすならば、マッサージの後にリフティでメンテナンスというメソッドを打ち立てています。

 

まずRFで肌を温めてほぐして準備をし、EMSで表情筋を引き締めます。最後にIONの力で、ハンドプレスでは浸透しきれない美容成分をあますことなく、肌の乾燥部分へ届けます。美顔器の使用は週にたった2回、1回約5分だけでOKという簡単ケアです。

 

これは、筋肉はエクササイズ後48〜72時間あけるほうが効率的であるからという理論に基づいて出されています。習慣づけなくても良いので、飽き性の方でも続けられます。

 

 

 

 

newaリフト

 

 

 

医学的根拠に基づき、肌にハリを与えるためには、顔を引き締めることだと考えて、機能を一点に絞っています。

 

プロのトリートメントでも実績のあるサブマイクロ波のみを採用しています。サブマイクロ波とはRFとも呼ばれるエネルギーです。肌の内部、真皮〜皮下組織にかけて温めて、コラーゲンの生成を促進するサーマクール効果が見られます。エステサロンなどでも行われている施術です。

 

エジソン賞の科学医療部門でブロンズメダルをはじめに、美容雑誌やファッション雑誌など数々のアワードを受賞していてモデルなどの愛用者も多い美顔器です。

 

 

 

 

まとめ

 

たるみに効果的な美顔器をご紹介しましたが、併せて美肌にもなれるものばかりです。

 

セルフケアではかなうことのできなかったワンランク上の美肌体験をしてみて下さいね!